それは次の車検までの期間が残存している愛車

-

-

自動車重量税、通称重量税とは、日本の自動車もしくは外車など自動車の国やスポーツカー、ロールーフ車という自動車のタイプも全て同じで、例えば、トヨタやフォード、等にも普通に納めることが必要な税金です。79-6-132

新車登録のさい、または車検を受ける際に納税が必要になるお金です。79-5-132

その支払金額は車のウエート毎に決まっています。79-1-132

「自動車重量税」と「自動車税」は別のもののためきちんと理解をして間違えないようにする必要があります。79-7-132

「自動車重量税とはクルマの重量で」「自動車税とは自動車の総排気量毎に」税額が変わってきます。79-19-132

また買い取り時の扱われ方異なってきますし注意が必要です。79-9-132

クルマを売却するときには既に支払った自動車の額がいくらあっても、その額が返ってくるということはないのですが、一方で自動車税でしたら、支払い済みの残存税額を売却額に上乗せしてくれるケースがあるものの重量税の場合は上乗せになるといった事例はあまりないでしょう。進学塾 松江市 出雲市

重量税は、自動車を売る際既に納めた金額が残存しているからと言って車の専門店にてそれが忖度されることは少ないです。79-8-132

なので次の支払い要は車検に出すまで売るのを少し待ち売るのがベストと思います。79-20-132

自動車買取時は考慮されない重量税ですがある場合でしたら還付していただけることがあります。79-14-132

それは次の車検までの期間が残存している愛車を廃車にする時です。

要は、廃車申請をした場合残存期間に従って重量税が返金されます。

しかし中古車の買い取りの時はその車が廃車されるわけではないので還付されません。

また、クルマの名義を変更してしまった場合や盗難されたケースなども還付を受けることはできません。

自動車重量税が残っている車を手放すというのは要は車検期間が残っている自動車ということと同じです。

買取店も計算に入れますので、重量税の残存期間があればそこそこ売却額があがるでしょう。

当然、売却額は買取業者によって異なりますが、車検期間が残っていることが考慮されれば、クルマの売却額と比較するとそこまで払い損と考えることもありません。


Site Menu

Copyright © 2000 www.bambooseychelles.com All Rights Reserved.