限らず海外の車等も税金が返還される範囲

-

-

車を持っている人であれば承知だのはずですが、自動車税という税金の納税義務があります。76-16-132

そしてこれは、自動車売却時に一般に還ってくる税金なのです。76-20-132

これというのは本当に実行してみたら簡単に覚えられますが、それでははじめから流れを簡易的に紹介しましょう。76-19-132

事前に注意書きするならば日本販売されている車だけに限らず海外の車等も税金が返還される範囲になります。76-7-132

当然所有車も当てはまります。76-2-132

自動車税という税金は車のオーナーが払わなければいけない税金で、税額はクルマの排気量毎に規定されています。76-5-132

1リッターより小さいなら29500円となり、1リッターより上で1.5リッター以下までだと34500円です。76-9-132

その後は500ccごとに5000円ずつ増えていきます。76-6-132

このお金は4月1日の時点の所有者が、来年3月までの金額を納付することになります。76-10-132

つまりは事前納付ということですから、勿論クルマを売ってしまって所有権を失った場合では前払いした分の金額は還付される事を意味します。76-17-132

この自動車税というのは事前納付でその年度の税額を払いますから、一年以内にクルマを手放したときは新たな所有者が自動車税を支払わなければいけないのです。

買い取った相手が買取専門店でしたら売却した際に先払いしている分の税額を返還してくれます。

所有権が移った瞬間以降の自動車税は権利が移ったオーナーが払わなければなりません。

あなたが10月に自動車を引き取ってもらったなら11月から来年3月いっぱいまでの税金は戻ってくるのです。

というのは、前も述べた通り自動車税の場合は前払いであるということによるものです。

ということは前オーナーは買い取った相手に自動車税を返金してもらうということになります。

業者を介さずに愛車を売買する場合、意外とこのような大切な事実に気付かない方が見受けられるため、しっかり忘れないようにすることです。

自動車税という税金は自動車を手放すと返ってくるということを意外と知っている人がいないからと言ってその状況を悪用する悪質業者もいます。

こちら側から税金に関して話を切り出さなければ、完全に自動車税のことに関して触れないという場合も結構見られます。

なので自動車の買い取りをお願いするさいには税金が戻ってくることを確認することを忘れないようにしてください。


Site Menu

76-12-132 76-15-132 76-11-132 76-14-132 76-4-132
Copyright © 2000 www.bambooseychelles.com All Rights Reserved.